ホーム
>注目企業・特集
>~THK社の製品 & 技術~ 工作機器で高シェア率を誇るTHKが故障検知の新提案

注目企業・特集2019年1月号掲載

~THK社の製品 & 技術~
工作機器で高シェア率を誇るTHKが故障検知の新提案

JIMTOF2018ではTHKブースが連日の大賑わい
THK(東京都港区芝浦2-12-10)

http://www.thk.com/?q=jp

2018年11月1日~6日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」。6日間で計15万3000人以上が訪れ、会場は国内外からの来場者で大賑わいとなった。工作機器で高いシェア率を誇るTHKは、直動案内機器「LMガイド」、ボールねじ、アクチュエータ、ロボットなど多種多様な製品を出展。工作機械の速度や精度を飛躍的に向上させる最新技術を紹介すると共に、工作機械メーカーだけでなく、エンドユーザーとなる製造業者全体の役に立つシステムを提案し、来場者から注目を集めた。

新提案の故障予兆検知「OMNI edge」

JIMTOF2018 THKのブースJIMTOF2018 THKのブースは
国内外の来場者で盛況
今回のTHKで目玉となる製品が、NTTドコモ、シスコシステムズと共同開発した製造業向けの故障予兆検知アプリケーション「OMNI edge」だ。
「OMNI edge」は、製造業で用いられる機器の故障を事前に検知できるようにするシステムで、射出成形機や自動包装機、搬送用ロボットといった機器への導入が想定される。同社が提供する技術「THK SENSING SYSTEM」により、機器内にある部品(LMガイド)の潤滑や損傷状況を計測して可視化し、IoTネットワークを通じて「OMNI edge」のソフトウェアがデータを収集することで、機器の故障を事前に検知できるようになる。
「THK SENSING SYSTEM」で取得したデータを用いることで、機器の状態診断や予兆保全が可能となるアプリケーションとして提供可能になった。
「同システムでは、すでにある現場の装置に後付けできるため、低コストでの導入が可能です。また、主要部品の状況を直接、計測・診断することで損傷部分を特定できるため、熟練した保守点検作業員でなくとも容易に故障箇所を判別できるようになります」と星出薫常務執行役員技術本部長は導入のメリットを語る。
「OMNI edge」は、IoT化に必要なデータ収集・蓄積・分析といった設計・構築作業を自動化できる。そのため、 IT担当者不在の製造現場でも容易に導入が可能だ。その上、保守運用がトータルサポートされるので製造業者の負担が軽減される。高齢化や労働力不足に悩む工場にとって導入効果の高いシステムと言えるだろう。

写真2 コンパクトアクチュエータ「KSF」の搬送デモ。最大4Gの加減速「OMNI edge」は、エンドユーザーの製造装置の情報をTHK SENSING SYSTEMが集約し、
IoTネットワークを介して故障予兆を検知するシステム。
設備状態を可視化し、保守点検作業を自動化できる。

高精度・高速度を極めたLMガイド

高機能LMガイドの新製品ブースでは、様々なタイプの
高機能LMガイドの新製品が展示された
「OMNI edge」のような工場のIoT化を支えるのが、 THKの看板製品であるLMガイドだ。展示会場でもブース正面の目立つ位置に各種工作機械向けの戦略機種「SPR-SPS」が配置され、低ウェービングや高剛性といった優れた性能をアピール。他にも、ボールリテーナの採用により、ボールの相互摩擦を無くして優れた高速性や低騒音を実現した「SHS」、ローラーリテーナの採用により、低フリクションでスムーズな動きと超高剛性を実現した「SRG」など、幅広い要望に応える様々なLMガイドの新製品が出展された。
工作機械の内部で直線運動案内を行うLMガイドは、機械や装置のさらなる性能向上に欠かせない部品だ。これらの動力伝達装置の性能が上がることで、より生産性の高い工作機械を生み出すことが可能となる。
「高精度・高速度・高剛性を追求した製品群を市場に送り出すことで、機械そのものの精度や稼働スピードを上げることが可能となります。エンドユーザーの工場における生産性向上に貢献できます」と星出氏は言う。
会場では、LMガイドを用いて15m/秒の超々高速搬送を行う挑戦や、ロボット同士で検品スピードを競う実演、実際に触ってボールねじのスムーズで軽やかな動きを体感できる展示などがあり、LMガイドやボールねじを始めとする動力伝達装置に対する同社の技術力の高さを目の当たりにできた。
「すべては、軽やかで精確な“動き”のために。」という理念を出展テーマとして掲げるTHK。動きを追求することで、製造業全体の生産性向上に貢献している。

MEMO
THK
住所
〒108-8506 東京都港区芝浦2-12-10
URL
http://www.thk.com/?q=jp

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2018(テクノフロンティア2018)

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内