ホーム
>注目企業・特集
>~イグスの製品&技術~2017国際ロボット展に出展。ロボット市場を攻める

注目企業・特集

~イグスの製品&技術~2017国際ロボット展に出展。ロボット市場を攻める

高機能樹脂製品で成長を続けるイグス
イグス(東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル)

http://www.igus.co.jp

高機能樹脂製品で成長を遂げるイグスが、「2017国際ロボット展」に出展する。樹脂部品メーカーである同社が、ロボット市場で攻勢を掛ける狙いは何なのか。どんな強みを発揮しようとしているのか。日本法人の北川邦彦社長に、ロボット市場に向けたイグスの製品戦略を聞いた。

広がる簡易多軸ロボットの導入

ロボリンクロボリンク ――イグスはロボット自体も商品化しているのですね。 「『ロボリンク』という簡易の多軸ロボットユニットを出展する。もともと当社はロボットの構成部品を供給する会社。ロボットメーカーは顧客でもあり競合はできないが、小型でそれほどの精度を必要としないものについては商品化の許しを得ている。低価格、メンテナンスフリーなどの利点を背景に、多方面でニーズが高まっている」
――具体的にどんな使われ方をしているのですか。 「詳しくは言えないが、スマートフォン関連の一部組立工程や、自動車メーカーの製造ラインなど。人に代わってロボットが作業を担うといったケースが多い。いずれも、そんなに高精度なものはいらないが、台数が必要なので安くないと困るというお客様だ。そんな現場にロボリンクはマッチする。最近は民生用のプロダクトにも使われ始めており、今後は産業用よりも民生用でアプリケーションの広がりが期待できるだろう」

樹脂の強みを前面に

説明する北川社長説明する北川社長 ――今回も樹脂製ベアリングを出展しますが。 「もともと当社のロボット市場への参画は、大型ロボ ットに組み込むケーブル保護管や、関節部分に使われる樹脂製ベアリングに始まる。金属に比べて“遊び”がある樹脂は、産業用ロボットではそれほど普及しなかった。ところが最近は、医療、食品、福祉といった分野で当社の樹脂製ベアリングが大いに注目されている。例えば金属探知ゲートをそのままパスできる車椅子。木と樹脂製ベアリングで、実際にこうした車椅子が実現した。あるいは医療現場や食品製造関係。消毒・洗浄は必須だが、器具や装置に金属ベアリングがあれば、錆びと油と無縁ではいられない。今後ロボットがこうした分野に拡大する際、樹脂製ベアリングは大きなアドバンテージを発揮することになるだろう」
 「もう一つは、金属に比べて放射化しにくい樹脂の特性がある。福島原発の廃炉に向けて、さまざまなロボットの活躍が期待されるが、金属は戻ってくると放射線を帯びてしまう。一方の樹脂は、散乱断面積という原子に当たる確率が非常に少ないため、ゼロではないがほとんど被曝の恐れはない。実際に、福島原発のロボットに当社の商品が使われており、これら樹脂の有用性が一段とクローズアップされるだろう」

樹脂製ベアリング樹脂製ベアリング ――面白いところでは、3Dプリントサービスがありますね 「新製品の試作・開発は、個数が少ないため金型などは使えず、試作用の素材を削り出す加工法に依存せざるを得ない。ただし切削加工は、ほぼ同心円状のものしかできない。樹脂材料の開発も行う当社は、3Dプリンター用の樹脂フィラメントを商品化した。これを用いれば、お客様の好みの立体物が作り出せるが、オンラインで図面さえをもらえれば、当社で製作して出荷するサービスも始めた。さらに高精度製作が可能なレーザープリンタ ーも、本国ドイツにあるので要望があれば現地で製作して提供する」

インダストリー4.0への対応も

――技術によるロボットの高度化にイグスはどう関わっていきますか。 「イグスは理論より実験で製品を評価してきた歴史がある。蓄積されたデータがある。これを一歩進めて、従来わからなかったものを測定できるようにしたい。IoTといったインフラが整備されてきたいま、われわれの商品のなかにもセンサーを組み込む。そしてお客様に有益な情報を提供しようという試み。具体的には、温度センサーや、摩耗センサーなどで得られた情報を、過去の膨大なデータをもとにこれを解析し、『あと何か月で限界が来る』といった製品の寿命やリスクをネット経由でお客様の端末に知らせる。インダストリー4.0に対応した新たな製品として出展する。体験型の展示を企画する一方で、お客様の使い方やニーズを汲み取り、IoT時代に進むべきイグスの方向性を探る機会にしたい」 スマートシステム・イメージスマートシステム・イメージ

MEMO
イグス株式会社
住所
東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル
TEL
03-5819-2030
URL
http://www.igus.co.jp/

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内